パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験するIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ

MENU

Microsoft Teamsの読み方がついに正式発表された

f:id:pastel_soft:20191029145028p:plain
skype for businessが間もなくサービス終了となり、その後継となるTeams。

なかなか読み方がわからないことで有名になってしまったTeamsですがついに正式な読み方が確定しました!

 

これまでは人によってはチームズであったりチームスであったりチームだったりティーム・ティームズだったりしてどれが正しいのかわかりませんでした。

製品の正しい名称が分からないと説明をするときにも、はっきりと言い切れなかっ説明すること自体を避けてしまう傾向が人には入ります私自身もチーム2という名称を 頭であると考えてはいました認識してはいましたがどうしても根拠がないため弱い形で表現していました

 

しかしこの度名称がチームズであることが正式に発表されました!

 

Microsoft Teamsの読み方が分からない件、ついに正式な読み方が判明!

おなじみのチャットツールであるSkypeスカイプ)。
非常に便利で会社や個人で利用されている方が多いと思います。

この度、法人向けのSkype for Business Onlineが2021年7月31日にディスコン(提供終了)となることが決定しました。

提供が終了すると、skype for business onlineへのアクセスができなくなるということがアナウンスされています。

https://techcommunity.microsoft.com/t5/Microsoft-Teams-Blog/Skype-for-Business-Online-to-Be-Retired-in-2021/ba-p/777833

後継のチャット、WEB会議ツールはどうなるの?という疑問を持たれると思います。
気になる後継はMicrosoft Teamsになります。

Teamsはどんなものでしょうか。

Microsoft Teamsとは

Microsoft Teamsは2017年からサービス提供開始されたソフトウェアです。

既に提供されているサービスでありskypeの後継として任命されました。

後継となれることからもご想像いただけると思いますが機能としてはチャット、WEB会議(ビデオ会議、音声通話)、掲示板などがあります。

この中の、特にチャットの進化が非常に素晴らしいのです。

どこが素晴らしいのかというと、skypeでは相手がソフトを起動しているオンライン状態でのみメッセージやファイルのやりとりができました。


しかし、相手がPCを起動していなかったり、既に退勤していて社内に居ない場合はメッセージを送ることができずメールで連絡を取っていました。

Teamsでは、嬉しいことに相手がソフトを起動していないオフラインの状態でもメッセージやファイルの送信ができるようになりました!!

TeamsはLINEのように使えるツールへと進化したわけです。
チャットと掲示板の機能が融合したような状態です。
お互いが好きなタイミングでメッセージをやりとりしたり、ファイルの授受をすることが可能になりました。

私達ワーキングママ・ワーキングファザーにとっては自分が仕事をできる状態のときに相手に連絡をしておけるというのは非常に有用です。


時短だったり、定時後に一旦帰宅し家事を済ませたあとに後少しの業務をこなすワーママスタイルの働き方にぴったりの機能へと進化したということなのです。
翌朝、時短で出勤が少し遅くても相手は確認し、返信をしておいてもらうことができます。

skypeも便利なツールですが、Teamsを一度使うとその便利さが故に戻ることができなくなるほどありがたいソフトウェアです。

Office365を契約するとその中に入っていますので、今すぐにでも利用してみてください。

さて、Teamsについては読み方がよく話題になります。

正式な読み方はご存知でしょうか。

Microsoft Teamsの正式な読み方

そんな便利なMicrosoft Teamsなのですが、読み方が分からないという
面白い悩みがあります。

Microsoft 365やOffice365のサービスを提供しているIT企業の担当者でさえ、人によってチーム、チームズ、チームス、ティームズ、ティームスと非常に様々です。

英単語だと考えると、発音記号はt:mzとなります。zなので、間違いなく「ズ」です。
teamsを常にティームと表現することは一般的ではなくチームと表現すると思います。

 

マイクロソフトから正式に発表された読み方はチームズです。

チームス、チーム、ティームズ(正しい)、ティームと言っている人がおりTeamsと書くことはできても読むのに抵抗がありましたが
これからは自信を持ってチームズと言って大丈夫です。

チームス、チームなどと言っている人がいたら、テザリングのことをデザリングと言ってしまっている方と同様に是非とも訂正してあげてください。


もちろん、記事にするにあたりエビデンス(証拠)は押さえています。
次のリンクを開いて文章に目を通していただけるとわかると思いますがチームズmicrosoftのWEBサイトに明記されています。

blogs.windows.com

f:id:pastel_soft:20191029061642p:plain

Teams

 

ソフトバンクのWEBサイトにもマイクロソフトチームズと明記されています。
もう安心してチームズと口に出して大丈夫と言えるでしょう。

www.softbank.jp

f:id:pastel_soft:20191029061731p:plain

Teams2

 随分長い間、読み方についてはよくわからなくて口に出しにくい期間があったのですがこれからはチームズとしっかり声に出して会話ができそうです。

 

ご参考になれば幸いです。

office365関係の記事も良ければ読んでください。

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

 

 では!