パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験するIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ

MENU

素人でもできるスーツケースのキャスター修理方法をご紹介

f:id:pastel_soft:20190606224228p:plain
出張や旅行の際に必須のアイテムであるスーツケース。
名称が思い出せなくて、コロコロと言ったりするあれです。
 
荷物多めの日帰り出張から長期の旅行まで
スーツケースさえあればたくさんの荷物を持って
出かけられます。
 

愛用のスーツケースを持って出張に出たのですが

ふとキャスターの動きが悪いなと思って

見てたらキャスターが破損!!タイヤがないことが発覚。

 

素人ながら、なんとか自分で修復できたので

スーツケースのキャスターについて、

素人でもできる修理方法をご紹介します。

 

愛用スーツケースのキャスターが破損。修理費用は1万円 

私のスーツケースは、かれこれ10年は使っています。
キャスターが破損したため修理に出したら
いくらかかるのかを調べてみました。
 
キャスター(タイヤ)2つで9000円|10000円などという
想像以上に高額な修理費を見た時にはキャスター修理を諦めて
買い換えようかと思ったほどでした。
 
それでも、愛着のあるものを少し壊れたからと言って
買い替えるのはあまりにももったいない。
荷物とともに、色んなところへ行った思い出も
運んでくれるスーツケース。
 
修理方法はないか探してみた結果、
どうやら素人でもできる修理方法があることがが発覚。
思い切ってやってみることにしました。
 
誰にでもできる、とても簡単な工程です。 

素人にもできるキャスターの修理手順を発見

素人でもできる(DIY)修理方法をご紹介します。

ホームセンターに行って、出来れば同じサイズの

車輪とネジを買い、交換をする手順となります。

ノコギリでキャスターの中央に挿している芯を切る必要があり、

この点だけは少し時間がかかりますが

技術を必要としない単純な交換作業なので誰にでもできます。

 

交換するキャスターは1つ100円~500円ぐらいと非常にお手軽価格。

後ほどパーツは個別にご紹介をしますが、

適合するキャスターを選ぶのが面倒だという方には

修理キットがありますので買って作業スタートしてください。

 

キャスターの軸を切断(最初にして最後の山場)

上記ののこぎりもしくは、100均にも金属切断用の
のこぎりが売っていますので買ってきて
キャスターの軸(中に見える棒)を切断します。
金属片が少し出ますので新聞紙などを敷いて、
ギコギコとキャスターの軸を切ります。
力を入れずに擦っているだけだと切れないので、
引く時に力を入れて切断します。

f:id:pastel_soft:20190605150902p:plain

部品取り付け(完了)

キャスターの軸の切断さえ完了すればもう終わったも同然です。
予め購入しておいた新しいパーツを装着するのみで完了。
 
M6のキャップコーナンだと1本単位で買えます。1本28円!
長さ40mm未満でも不可能ではないですが不安な人は
 余裕のある長めの45mmもしくは50mmで良いです。

 これらを穴に順序よく通します。

あとはクルクルっと締め付けるだけです。 
 
 
あっという間に完成です。 
左右を比べると、右側はDIYだなという感じはありますが
機能的には全く問題なく、キャスター修理完了です。
これで愛用のスーツケースをこれからも使い続けることができます。
  

キャスター修理に必要な部品一覧(個別購入編)

キャスター修理をするにあたって
購入した部品は次の通りです。
家の近くのホームセンターに行けば揃います。
  1. ステンレス・鉄用ノコギリ ¥108
  2. 交換用タイヤ ハンマーキャスター社 ゴム車 425G-R 38mm  ¥80〜¥90/個
  3. ボルト M6×50mm  ¥28円*2本
  4. M6ナット、M6ワッシャ   130円(10こずつ) 
ハンマーキャスター社の交換用タイヤは店によっては
在庫切れや取扱のないところがあります。
色々と探し回るのは時間が勿体無いので
見当たらなければネットで注文してしまいましょう。
  余る部材は残りのキャスターが破損した時にも使えます。
そんな予備パーツを入れても500円程度と激安。
車輪2つで10000円という相場を考えると
自分で修理しない手はありません。
キャスターの交換方法は、軸を切って新品をセットするだけの
非常にかんたんな作業です。
それでいて、愛着のあるスーツケースを使い続けられるので
やらない手はありませんね。

修理完了した後、まさかのトラブル。タイヤがない!

 

キャスターの修理方法に問題はなかった。

修理は完了し、すぐに出張で大活躍するはずがトラブル発生。

f:id:pastel_soft:20181114235805j:image

修理したスーツケースを持ってご機嫌に

出張に出てホテル到着しました。

コロコロと快調に転がってくれる

新しいキャスターを嬉しく思っていたのですが

キャスターが軸ごと1つ無くなってしまいました。

f:id:pastel_soft:20181115000002j:image

朝、家を出るときには間違いなくあったのですが

大阪のオフィスを出る前に、ふと違和感を感じて確認したら

きれいさっぱり消え去っていました。

 

全く気付かなかった。

悲しいけど、出張に出てしまったし仕方がないので

1輪減った3輪キャスターのスーツケースで東京に到着です。

 

大阪オフィスから新大阪、新大阪から東京・ホテルまでは

何食わぬすまし顔をして、スーツケースを横向きに持って

欠けた1輪を補うように歩いていました。

 

しかし、どうしてもちょっとしたときにガガガ!と

こすってしまいます。

途中からは半ば持ち上げた状態でやってきました。

腕はもう筋肉痛です。

 

スーツケースのキャスターが失くなって持ち上げて歩いていたら

筋肉痛になったなんて恥ずかしくて誰にも言えない。

このままの状態で東京から大阪まで帰るのは単なる拷問であり、

筋肉痛も辛いので出張先の東京で修理材料を購入してきました。

(家に在庫あるのに・・・)

 f:id:pastel_soft:20181115000527j:image

キャスター修理に、ねじロックは必需品。忘れるべからず。

タイヤが再びなくならないための恒久対策です。

実は1回目の修復時に知っていたのですが

なくても大丈夫かなと思って買わなかったのですが、大反省。

 

ロックタイト ねじロック

高強度 LNR-263

強度によって3段階の商品あり、 今回はキャスターという

可動部分であるこ最も高強度のものを選びました。

 

裏の説明書きには数滴、ナットを止めたいところに垂らすようにと

書いてあるのでポタポタとかけました。

こんな赤い液体です。

f:id:pastel_soft:20181116093152j:image

完全硬化には24時間必要です。

そのまま待つだけの簡単なお仕事です。

f:id:pastel_soft:20181116195111j:image

 翌日、ナットを強く手で回しても

全く動かなくなっていました。すごい!

 

最初からネジロックを買うべきでした。

キャスター修理をされる方は

最初からねじロックを購入されることを強く推奨します。

 

その後、再び出張でスーツケースを使いって
帰宅後に状況確認をしました。

今度は完璧に対策をしましたので強度が違う、安心感が違う!

ガッチリ固まっています。さすが高強度。安心。

f:id:pastel_soft:20181117151342j:image

手で力を入れて回そうとしても回りません。

素晴らしい性能。ようやく安心できました。

愛用品を長く使っていられる、それだけで嬉しくなりますね。

 

キャスター修理で検索されていて

これから取り組もうとしている皆様のご参考になれば幸いです。

ねじロックさえ忘れなければ

修理方法は至ってシンプルだし、素人でも十分可能です。

 

是非愛用品を長く使ってください。

では!