パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験するIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ

MENU

G-SHOCKベゼル交換・ベルト交換で新品のように復活したDW8500

 

G-SHOCK DW8500ベゼル交換

約20年前に父親に買ってもらったGショック

型番はDW8500CodeName
 
高校に入学した時に買ってもらったもの。
当時15000円ぐらいだったように思うんだけど
もっと高いものとか、もう少し安いものがあって
父親の顔色を伺いながら選んだのを今でも覚えている。
 
長い年月とともに経年劣化が進み、いつしか
ベゼルはボロボロと崩れて壊れてしまいました。
樹脂は経年劣化するなんて当時は知らなかった。
 
それから数年間、ベゼルがなくなった無残な姿なので出番がなく
寂しく時計ボックスの中で守護神になったDW8500。

新品のベゼルを装着すればまた使える!

この度、ふと修理できないのかなと思って調べたらところ
ベゼル交換はができることを大発見。
 
しかしDW8500は古く、ベゼルは売っていません。
ヤフーオークションを見ても同じようにベゼルなしの
中古があるだけだった。
流石に20年前のものだから、もうダメかと
諦めながらも、しつこくGoogleで検索を続けていた。
 
発見!
 
DW6900のベゼルなら本体の一部を加工することで
取り付けができるという記事を見つけて
ネットでベゼルを購入した!
 
これが見事にハマる。
しかもカシオの純正品なので安心して使える。
ベゼルを買うだけで再び現役に戻るならばと思って
躊躇なく購入した。
同じように悩んでいる方は今すぐ購入してほしい。
悩んでいる時間がもったいない。

DW8500ベゼル装着セレモにー 

{D20E4BAC-3776-4876-98C4-C608042AD46F}

{4D8D3471-2210-42C8-829B-49A513A5F6E6}

{E0943CE0-D4F4-432A-8D31-20F1F1783C7D}


 
届いたので取り付けて見ました。
うん、まだまだいける!

 

DW8500CodeNameベルトも交換

大切なG-SHOCKをいつまでも使い続けたい方にも

ベルト交換はとてもおすすめできる。

 

ベルト交換は自宅で特別な工具も必要なく、非常に簡単にできるので
交換したいなと思ったら躊躇せずにチャレンジするのがおすすめだ。
 
私は、子供達も寝た23時ごろに、、、作業開始!
事前に購入していたのはこのベルト。

純正なので安心して交換が可能。

悩まずこちらを手元に用意して作業してほしい。

まずは届いたベルトを開封していく。
大切なG-SHOCKが蘇ると思うと心が踊る。
{EC1901D8-ADA4-4567-ACD2-57F09E020F43}
 
ベルトを外す。
どの家庭にもあるような、精密マイナスドライバーがあるとOKだ。
なくても百均に行けば売っている。焦らなくていい。
{9FB43A85-4113-4C59-B2CF-A7D4C893890E}
 
初めてのチャレンジだったが
あっという間にベルトが外れました。
並べてみると、我ながらボロボロになったベルト。
よく頑張ってくれた。
{584045D5-1EBA-4B05-8AD0-B94BD67FA253}
 
 
ベゼルも外していく。
ここまでやっても作業開始から5分しかかかっていない。
{F8B5EA6D-F98E-4D1C-99EC-D18F9DC20F0B}

ベゼル+ベルト交換後のDW8500

{7925C34C-2037-44A0-A3FF-7736A12D7806}

ベルト交換とベゼル交換でまるで新品のように蘇る。
1996年ごろに買ってもらって20年経っているとは
思えないほどの美しさ。
これからも思い出を大切に使い続けることが可能になった。
 
大切な腕時計をいつまでも使い続けるために
ベルト交換・電池交換は必要な作業。
G-CHOCKは交換パーツもたくさんあるので
古いからといって諦めずに調べてほしい。
 
この写真を両親にメールしたら、大切にしてくれて嬉しいと
喜んでくれた。親の気持ちに感謝しかない。
 
このブログにたどり着いてくださった方はきっと
私と同じようにベルトやベゼルの交換を考えておられることだろう。
 
是非交換して長く愛用してあげてほしい。
ガワなんて、何度でも交換してあげればいい。
大切な腕時計といつまでも一緒に過ごせることに
比べたら小さなことだ。 
すぐに交換して長く愛用してほしい。
 
では。