パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験するIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ

MENU

子供のイベントにもぴったり。ミラーレス一眼に最適な高倍率ズームレンズ決定版。

子供を授かったタイミングで我が子の

成長を記録するためにミラーレス一眼を

購入された方は多いと思います。

 

自分に似ているのに、超が付くほどかわいい

子供の写真は撮っても撮っても足りません。

家の中、公園、旅行に運動会、発表会、誕生日会など

どれだけ撮影していても飽きることはありません。

カメラって良いですね。

最近のミラーレス一眼は連射(連続撮影)機能も

良いですし動画撮影も出来ます。

このミラーレス一眼を最大限に活用する

便利ズームこと、高倍率ズームレンズをご紹介します。

子供の撮影に最適なミラーレス一眼カメラとは

ものすごく簡単に言うと、ミラーレス一眼というのは

レンズから入ってきた光を反射するための

ミラー(鏡)がない構造のカメラのことです。

 

ミラーが物理的に存在しないため、

ミラーレス一眼の最大のメリットは

小さく・軽いことです。

ミラーが無いから軽く小さくできるんだね、と

理解で十分です。

詳しく知りたい方は是非調べてみてください。

各社から様々なモデルが発売されていますが

本体(ボディと言います)は400グラムまでの

モデルがおすすめです。

最近のスマホが170~200グラム程度ですから

たったスマホ2つ分の重さしかありません。

それでいて美しい子供の写真が撮れるなんて

ミラーレス一眼は最高ですね。

 

センサーの大きさについては

できればAPS-Cもしくはフルサイズと

記載のあるモデルがおすすめです。

マイクロフォーサーズでもボケ感のある

写真を撮影することができますが、

センサーは後から変更ができないので

迷ったら大きめのモデルを選択しておけば

デメリットはありません。きっと後で良かったと思えるとお約束します。

 

サイズの大きさは以下のようになります。(左が小さく右が大きい)

マイクロフォーサーズ < APC-C < フルサイズ

高倍率ズームレンズは子供を撮影するためのマストアイテム

便利ズームこと、高倍率ズームレンズというものがあります。
家族での記念撮影はもちろんのこと、
ブランコで笑う子供の姿や、運動会・生活発表会など
少し離れたところの子供の顔までバシバシ撮影できるレンズです。
どんなシーンでもレンズを交換することなく
すぐさま撮影をすることができます。
 
ミラーレス一眼を含む一眼レフカメラ
撮影シーンに応じて適切なレンズに交換することが
基本的な使い方として設計されています。
 
が、小さな子供、ましてや赤ちゃんを連れた親が
おむつ・おしりふき・着替え・離乳食・おやつ・
水筒・ベビーカー・抱っこひも…などなどの
大量の荷物に加えて交換用レンズを2つ3つ持って
出かけることは至難の業です。
そんな余裕のある人を見たことがありません。
 
仮に持って行けたとしても、
今から接写するからちょっと待ってね、とか
公園で少し離れたところから撮影するから
望遠レンズに交換するね、などの余裕はありません。
今、写真に残したいその瞬間の子供の表情は
待ってはくれません。
 
そこで登場するのが高倍率ズームレンズです。
高倍率ズームレンズをミラーレス一眼に装着すれば
目の前の赤ちゃんから、近場で遊ぶ子供、
そして少し遠くの遊具で遊ぶ子供たちまでを
1本のレンズでレンズ交換することなく撮影できます。
いつでもサッとカメラを取り出して
子供の姿を記録したい親にとって
高倍率ズームレンズは必需品です。
 
この高倍率ズームレンズ1本を持っているだけで
ほぼ全てのシーンにおいて、記録に残したい
瞬間をバシッと写真に残すことが出来ます。
少しでも気になったなら、悩むことなく
高倍率ズームレンズを購入して幸せな瞬間を
たくさん撮ってください。

絶対推奨のミラーレス一眼 高倍率ズームレンズ

愛用のミラーレス一眼がSONYCANONNIKONの場合、
おすすめはタムロンのB016S・B016E・B016Nです。
焦点距離は16-300mmのレンズです。
16-300mmというのは、かなりざっくり言うと、
18倍ズームが可能なレンズということになります。
 
18倍相当のズームがあれば、前述の通り
子供の各種イベントがあっても、
手元のミラーレス一眼にこの高倍率ズームレンズを
装着していけば問題なしです。
 
メーカーであるタムロンは、高倍率ズームレンズに
非常に力を入れている会社で歴史も長く
世界中グローバルに製品提供をしている企業です。
もちろん販売数量も半端じゃないので品質も安心が出来ます。
 
面白い例だと、タムロンのB011はSONYの純正のレンズである
SEL18200LEと同じものなのですが、
ファストハイブリッドAFという超高速オートフォーカスにも
対応していて、純正レンズより安く軽いという具合です。
純正レンズより軽量にして価格も下げてくるという真っ向勝負。
意気込みを感じますね。
 
そんなタムロンSONYCANON・3メーカーへ
共通のB016シリーズとして発売しているのが
この高倍率ズームレンズです。
高倍率ズームレンズ、どれにしようかなと
迷っておられる方にはB016が良いでしょう。
 
是非、高倍率ズームレンズを装着した愛用の
ミラーレス一眼を持って子供の笑顔を
バシバシと撮影してください。
 
では!