パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験するIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ

MENU

子供が生まれてミラーレス一眼を買った人は高倍率ズームレンズを1本用意して幸せの瞬間を逃さず撮ろう!

写真は好きですか?

私は嫌いでした。

小さな頃に太っていたのが主な原因だとは思うのですが

写真に写る自分の姿を見るのが嫌でした。

 

が、子供が誕生して写真を撮ることが好きになりました。

自分に似ているのに超かわいい我が子の写真は

撮っても撮っても足りないぐらい楽しいし

飽きることはありません。

今では、家族の集合写真に映る、

子供と一緒に笑う自分も嫌いじゃなくなりました。

カメラっていいですね。

子供が生まれて購入したミラーレス一眼

2011年9月9日発売のSONY NEX-5Nを購入しました。

ちょうど2011年9月に長女が生まれて、

少し後にミラーレス一眼のデビューで購入したのが

このカメラです。

それから約8年の間、愛用しています。

 ãsony nex-5ndãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

正確にはNEX-5NDという型番です。

D=ダブルレンズキットです。

本当はNEX-7が欲しかったのですが、当時は12万円ぐらいする

モデルだったので諦めてこちらを選んだのを覚えています。

 

新しいボディが出ていることは重々承知しつつも、
NEX-5Nは何と言っても本体が軽くて最高!
2019年現在もめちゃくちゃ愛用しています。 
レンズを含まない本体の質量は210gと、圧倒的に軽いのです。
2019年11月に発売が発表されたα6600は418gですから
同じミラーレス一眼カメラでも重さは2倍になっているんですね。
 
NEX-5Nは圧倒的な軽さが子連れにはありがたくて、
買い替えをせずに使っています。
子供と一緒に出かける時に持っていくカメラは
軽さ・コンパクトさが何物にも代えがたい重要ポイントになります。

SONYはEマウントを今後の主流

雑誌や店頭で話を聞く限り、SONYは今後Eマウントを
主流にしていく姿勢があるようです。
そういうこともあり、EマウントのNEX-5N
買うことにしたのを覚えています。
 
カメラの腕前が上がったら買い替えたいなと思い続けては
いますが、それはいつ来るのでしょうか。。。
今はまだ子供が小さいし、趣味のバイクで出かける際にも
NEX-5NDの軽さがありがたい。
私のように子供やファミリーでの記念撮影が主体の使い方だと、
撮りたいシーンに合わせてレンズ交換をするのが難しいです。
 
子連れだけど写真は残したいと思ってカメラを持っていますが
今から接写するからちょっと待ってね、とか
公園で少し離れたところから撮影するから
望遠レンズに交換するね、などの余裕はありません。
 
だとすれば、1本のレンズを装着したまま、どんな環境でも
快適に撮影できたらいいとシンプルに考えました。
そして雑誌やWEBのレビューを読み漁ってたどり着いたのが
便利ズームと言われる高倍率ズームレンズのジャンルです。

便利ズームは1本は持っていたいマストアイテム

便利ズームこと、高倍率ズームレンズがあれば
家族での記念撮影はもちろんのこと、
ブランコで笑う子供の姿や、運動会・生活発表会など
少し離れたところの子供の顔までバッチリ。
どんなシーンでもレンズを交換することなく
すぐさま撮影をすることができます。
 
子連れには必需品と言えるレンズです。
絶対に1本持っている方が幸せになれます。
一眼レフのカメラを購入したら便利ズームは1本
必ずお手元にどうぞ。
 
ちなみに、EマウントのおすすめはタムロンのB011です。
18-200mmのレンズです。
18-200mmは、かなりざっくり言うと、1-10倍ズームが
可能なレンズということになります。
 
これは純正のレンズSEL18200LEと全く同じであり
ファストハイブリッドAFにも対応していることが
判明したのでこれに決めました。
純正より安いのも決め手となりました。
 

高倍率ズームレンズ最大のメリットは、

広い焦点距離をカバーするため広角レンズから望遠レンズへの

レンズ交換作業が不要であることです。

広角の画角も望遠の画角も両方撮影したい場合は、

レンズ交換を行った場合と比較しても時間を要することなく、

ズームリングを回転させるだけで両方とも撮影することができます。

 
新品レンズと5年保証・Kenkoのフィルター付きでかなりお得。

{EF9CE3E8-41E8-43FB-8DBF-B90918A0539A}

キヤノンだったらこのあたりがおすすめです。

一度見比べてみてください。

RF24-240mm F4-6.3 IS USM

18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [キヤノン用]

ニコンをお使いの方は次のどちらかですね。

18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [ニコン用]

AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II

 

集合写真に写る自分が嫌いじゃなくなった重要要素

この記事の一番最初に、家族の集合写真に写る
自分が嫌いじゃなくなったと書きました。
 
特に私のように太っていたなどのネガティブな要素がある場合、
単に家族写真はいいよね、というだけでは写真が嫌いだという
気持ちが変わることはありません。
 
よく考えてみれば写真が嫌いなのではなく、
写真に写る太っている自分の姿が嫌いであるということに
気づくことが出来ました。
 
せっかく購入したカメラ。
家族が増えて色んなところへ出かけるのに自分だけが
写っていない写真は寂しいものです。
 
だから、努力をして痩せました。
 
ライザップに通ったわけではありませんが
普段の食生活で緩く糖質制限ダイエットを取り入れてみたり
夜にランニングすることをした結果、体重はもちろん
筋力もアップしたら嫌じゃなくなりました。
 
写真が嫌いじゃなくて、自分のだらしない姿が原因だったのだと
もっと早く気付ければよかったなと思います。
ダイエットして痩せたい、太っている自分が嫌だという方は
良ければ次の記事を参考に少しだけ頑張ってみてください。