パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験したIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ。ヘルメットレビューにも注力中

MENU

バレンティーノ・ロッシもかぶる、AGV SPORTMODULARレビュー!

f:id:pastel_soft:20200124221953p:plain

AGV SportModularレビュー

2017年に発表された初のフルカーボンフリップフロントヘルメットAGV SportModular(スポーツモジュラー)は、最上位ヘルメットのPista GP-Rと同等の保護レベルを備えているものです。

約16000kmの走行結果を元にしたファーストインプレッションをお届けいたします!では、早速まいりましょう!

f:id:pastel_soft:20200124224723p:plain

sportmodular shell

シェル

100%カーボンファイバーで製造されています。非常にセクシーな作りになっており、滑らかで光沢があり、最上位ヘルメットのPista GP-Rに似ているだけではありません。

AGVはSportModular(スポーツモジュラー)がPista GP-Rと同等のレベルの保護を提供しており、ワールドチャンピオンのValentino Rossi(バレンティーノ・ロッシ)が着用していると発表しています。

シェルは三つのサイズで設計されており、5つの密度のEPS(発泡ポリスチレン構造体)を持ち、XXS-XXXLから提供されている8サイズ:Hi-Vis(カーボン/イエローフルオロ)、Aero(カーボン/レッド)、Carbon/White(白)、Carbon/Dark Grey(ダークグレー)、Matt Carbon(マットカーボン)、Glossy Carbonで提供されています。

 

ヘルメットのフリップ部分も、他の多くの競合製品とは異なり、フルカーボンです。この構造のおかげで、PISTA GP-Rと同等の衝撃性能を持つツーリングヘルメットとして誕生しています。

世界で最も厳しい衝撃試験である、世界選手権MotoGP用に開発された5SHARPの認定を受けたヘルメットです。

チンガードは、偶発的な開口を防止するように設計されており、顎の中央の下にある単純な前方ヒンジラッチによって操作することができます。そして完全なカーボンの外観のために、AGVは、エアインテークとリアスポイラーを交換するためのカーボンインサートを用意しています。

重量

なんと1295gで、SportModularは競合製品より300g以上軽いのです!なんと、これはiPad mini程度の重さであり驚異的な軽さです。

乗るときには、ヘルメットは確かに軽量で、例えば、接合部で静止しているときにはバランスが取れて快適に動くことができますが、結果として速度でも安定します。カーボンファイバーの外殻は高級感があるだけでなく、ヘルメットのフィット感や重量も一流です。

換気性能

晴れの日・雨・強風・乾燥した日など、様々なコンディションでヘルメットを着用して調査をした結果、大きなあごの通気口の便利さが際立っていることに気づきました。上下にスライドするだけで開閉でき、ツーリンググローブをはめたままでも簡単に開けられます。

f:id:pastel_soft:20200124224856p:plain

SPORTMODULAR顎部分

バイザーの上にある中央の大きな通気口が前後にスライドして開閉しますが、こちらも操作は簡単です。ヘルメットの後部にある 排気装置は、頭の上部と後部から空気を抜いてくれる役割を果たします。

外気温が20度以上でのツーリングにおいても、中央部や頭の前から後ろへ流れていく風が非常に心地よく感じることができます。背面の内蔵スポイラーは押すことで開き、乱気流を軽減してくれるという効果を発揮します。

Pinlock(ピンロック)120は、バイザーの曇りを抑えるために機能してくれます。バイザーは完全に閉じた状態でロックすることができ、Pista GP Rのものと同等の性能です。どんな速度域でバイクを運転しても開くことはありませんでした。

f:id:pastel_soft:20200124224816p:plain

SPORTMODULARバイザー

バイザー

Pista GP-Rのように、バイザーの中央の下にあるボタン式の留め金で開き、バイザーの中央下にある突き出た部分を使って、カチッと音を立てて占めることで戻す仕組みになっています。

バイザーには4つの重要な点があります。第1に、ラチェットと閉止機構がります。先に述べたように、バイザーには2つのクロージングオプションがあり、3段階のラチェット式開口システムはしっかりとした構造になっていて、バイザーを落とさずに持ち上げられます。

第2に、視野は水平方向に190度もあって広く、シェルの安全性を損なうことなく安心感を得ることができます。

第3の重要な点は、バイザーの品質と、バイザーの内側に取り付けられるフォグ防止層である付随するピンロック120です。バイザーに使用されている素材は光学クラス1と分類されています。これは市場で最も透明度が高く、歪みのない透明度を保証してくれるものです。

f:id:pastel_soft:20200124224940p:plain

SPORTMODULARバイザー機構

最後の第4番めのポイントはサンバイザー機構です。装着時にはあごバーの下のスライド機構を使って左側に操作するので、スロットルから右手を離す必要がなく、非常に便利です。

フィット感

最もスポーティーなヘルメットでは、頬を押さえつけるような雪渓になっていますが、このSPORTMODULARはゆとりのある設計になっています。

チンバーは、前を上にしたときはあごをなでるだけでしたが、後ろにしたときはカチッという安心感があり、しっかりと元の位置に戻って、顔全体のように固くて安心感のあるものになっています。

まとめ

最近の流行であるサンバイザーを備えており、風切り音も少なく、そして非常に軽いこのヘルメットは、長距離ツーリングでも疲れないという点も評価が高いです。

丸1日ツーリング出かけることのあるライダーなど、長く楽しく走ることが好きなライダーには最高の選択肢となってくれることは間違いありません!

愛車の隼(SUSUKI GSX1300R)で1日延々と走るのが好きなパスコーとしても、非常に悩ましい選択肢だなぁと思っているところです。

国内ではAGVのヘルメットをかぶること自体が注目を集め、個性の表現にもなりますので、このSPORTMODULARは文句なく候補入りです!

その他にも多数の国内・海外ヘルメットのレビューをしています。ぜひこちらからご覧になってください!

www.pastel-software.work

参考になったよと思っていただけましたら、twitterFacebookなどSNSでシェアしていただけますと嬉しいです。よろしくお願いいたします。

では、また次の記事で!