パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSEパスコーが経験したIT・子育てについての経験をお届けするブログ。趣味であるバイクにあまり乗れないことから、欲しい物のレビューを書くことで楽しんでいる。バイク関連がメインコンテンツになりつつあります。

MENU

その名はR25M!ヤマハも250ccモンスターバイクに参戦?!

R25Mという文字が飛び込んできました!!

250cc 4気筒ヤマハR25M(カワサキ・ニンジャZX-25Rのライバル)が製作中との情報です。

2020年、最も期待されて登場したバイクの1つがカワサキのNinja ZX-25Rですが、独壇場を各メーカーが黙ってはいないのでしょう。

ちなみにカワサキZX-25Rの最大の魅力は、250ccの4気筒エンジンを搭載し、最高出力が400ccネイキッド並の51PS(RAMエアインテーク付)を15,500rpmで発揮することにあるといえます。

f:id:pastel_soft:20200730145047p:plain

4気筒250ccのモンスターバイク、ヤマハR25Mの登場か

カワサキZX-25Rがヤマハに火をつけた

カワサキNinja ZX-25Rは250ccのバイクとしては超贅沢なスペックでありながらも、ライダーが熱望していたスペックであることは言うまでもありませんね。

そして、Ninja ZX-25Rがバイク業界に一大ブームを巻き起こす予感を感じさせていることから、各メーカーが動き出しているという業界情報となっています。

 

ヤマハR25Mの詳細スペック、発売日、価格

噂されているヤマハR25Mですが、詳細なスペックはまだ明らかにされていませんが、250ccの4気筒で50PS近くの最高出力を発揮するモンスターマシンだろうと推測されています。

ヤマハR25Mのデザインはおそらく、リッタークラスの王者であるヤマハYZF-R1Mのデザインに近いものになる可能性が高いです。

R25Mにもきっと、クイックシフター、トラクションコントロール、ライディングモード、ABSなどの最新の高度な電子制御パーツが搭載されるでしょう。

現時点では発売日や価格についても未定です。

ホンダ・スズキからも250ccモンスターバイクが発表されるはずだ

そして、カワサキのNinja ZX-25Rに反応したのはヤマハだけではありません。

ホンダも4気筒250ccのCBR250RRR(?)を開発しているのではないかという噂も出ているそうです。

スズキに関しては私の想像ではありますが、Ninja ZX-25RのOEM供給を受けて独自のデザインで参戦してくるのではないかと考えています。

f:id:pastel_soft:20200730152456p:plain

スズキGS250GW

外観は世界初の量産250cc直4’水冷エンジンを搭載した名車GS250FW、もしくは、その後のGF250シリーズのようなモデルになるのではないでしょうか。

f:id:pastel_soft:20200730152603p:plain

最終モデルSUZUKI GF250S SPECIAL(GJ71C)

各メーカーがしのぎをけずってバイク業界を盛り上げてくれて非常に嬉しいですね。

続報が得られたら、お届けしますので楽しみにお待ち下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました!

では、また次の記事で。

 

ホンダCBR250RR乗りのライダーは軽量化&パワーアップ!

 

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

 

 参照:https://indianautosblog.com/250cc-4-cylinder-yamaha-r25m-kawasaki-ninja-zx-25r-rival-und-p321273