パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験したIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ。ヘルメットレビューにも注力中

MENU

最高レベルの安全性と機能を有したプレミアムオフロードヘルメットVFX-WRレビュー

f:id:pastel_soft:20200207220528p:plain

shoei vfx-wr


ワガママかも知れないけれど、かっこいいだけじゃなくて、安全性能の高いオフロードヘルメットを探していると出会う、SHOEIVFX-WR。

SHOEIによると、オフロードヘルメットの進化系として設計し、販売されており、機能性と安全性を求めてヘルメットを検討していると必ず出てきますね。

アメリカでもVFX-EVOという製品名で販売されており、非常に多くのライダーに評価され愛用されています。では、どんなところが評価されているのか、ヘルメットレビューまいりましょう!

f:id:pastel_soft:20200207220612p:plain

vfx-wr概要

VFX-WR概要

Shoeiの高価なレースバイク用ヘルメットによく見られる高度なAIM+シェル構築技術が使われています。

EQRSを搭載し、吸気口と排気口の合計数は16で、通気性が向上しています。また、風洞実験により、現代的で複雑な外殻形状を実現し、優れた空力性能を発揮することが期待されています。

さらに、Shoeiでは初めて、衝突時に発生する回転力を管理するシステムを搭載しました。このシステムを運動エネルギー分配システムと呼んでおり、回転を15%軽減してくれると言います。

最新かつ高度なテクノロジーが導入されているオフロードヘルメットVFX-WR。今回も、ヘルメットレビュー参りましょう!

 

SHELL:シェル

 VFX-WRのシェルは、強い衝撃剛性を持つ有機繊維複合材AIMと呼ばれる高度な統合マトリックス素材と、多層繊維複合材でできています。

これは、最高級のレース用ヘルメット X-Fourteen(海外ではX-Spirit III)や、傑出したスポーツバイク用ヘルメットZ-7(海外ではNXR)に見られるのと同じ素材です。GT-Air2でも採用されていますね。最新の素材です。

最高のパフォーマンスと最大の空力効率を提供する一体型スポイラーのおかげで、シェルは非常に近代的でスポーティなデザインになっています。シェルの種類も4種類用意されており、SHOEIが本気で製造していることが十分伺えます。

ヘルメット前面は非常にアグレッシブなラインが描かれていることから、あらゆるコンディションで高いパフォーマンスを発揮するように設計されたヘルメットになっていることがわかります。

f:id:pastel_soft:20200207220642p:plain

vfx-wr safety

VFX-WR単体でのSHARPテストは行われていませんが、X-Spirit III(国内ではX-Fourteen)とNXR(国内ではZ-7) AIM+のヘルメットは、それぞれ安全評価テストにおいて、X-Spirit IIIを5つ星(満点)、NXRを4つ星と評価されていることからも最高級の安全性能を有しています。もちろんSNELL規格の認証も受けています。

インナーシェルはVFX-Wより1密度多い3密度EPSを採用し、高い衝撃吸収性を実現しました。

さらに、VFX-WRのインナーシェルには、オフロード用ヘルメットの製造では初めて採用されたMotion Energy Distribution System(MEDS)と呼ばれる最新技術が使われており、衝突の際の衝撃エネルギーを吸収しライダーを守ってくれます。

f:id:pastel_soft:20200207220715p:plain

vfx-wr Blazon design

バイザー

バイザーは、以前のモデルと比べてヘルメットの形状に完全に統合された形に進化しました。工具を必要としない3つのプラスチック製ピボットによって取り外しての調整が可能で、柔軟性もあり、空気抵抗も軽減してくれます。

また、十分な上向きの視界を確保するしつつ、太陽、石、泥などにも配慮され保護性も備えています。

前面には大型のゴーグル用に設計された大きなアイポートがあり、ヘルメットの周りにはストラップを固定するためのゴーグル溝が用意されていますので緩むことはありません!

f:id:pastel_soft:20200207220829p:plain

vfx-wr 換気性能

換気性能

前のモデルから改良されたヘルメット前面と上部の吸気口があります。後ろにはスポイラー、ネック、ネック部分の側面にも排出口があり、かなり積極的な内部冷却を行ってくれるため快適です。

優れたオフロード用ヘルメットとして、空気の出入り口にはすべて金属メッシュが組み込まれており、非常に薄いフォームで石の進入を防ぎます。

ダートバイクに乗る人が必要とする最も重要なことの1つは、大量の換気である。休日を過ごすと、汗だくになりますよね?さて、ShoeiVFX-WR全体に排気口や排気口が散らばっていることを認識しているようだ。

ゴーグルポートの真上にはブローベントが伸びています。頂上からヘルメットの中に空気を取り込むクラウンの通気口がいくつかあります。

もちろん、大きなあごのバーの穴もあります。それは顔だけでなく口の周りにも空気を取り入れます。もちろん取り外し可能で、アルミスクリーンと水洗い可能なフォームフィルタを備えている。

クラウン、トップ、ロアー、襟、そしてヘルメットの側面にも対応する排気口があり、すべてヘルメット全体に大量の通気口を提供するように設計されているため、道路から離れているときでも新鮮で涼しく過ごすことができます。

 

f:id:pastel_soft:20200207220853p:plain

vfx-wr内装

内装

中央のパッドとサイドのパッドは通気性と速乾性に優れた3Dマックスドライ素材を使用。さらに、ヘルメットにはそれぞれのユーザーに最適なサイズのパッドが市販されています。

内側のパッドはすべて取り外して洗濯でき、ストラップのカバーも取り外して洗濯できます。非常に頻繁に汚れるように設計されたヘルメットでは非常に重要です。

額や頬に接する部分は、とても快適に過ごせます。これは完璧に研究され、私たちの頭に適した内装になっていて、オフロード走行をしている間、ヘルメットの動きを最小限に表現することができます。

f:id:pastel_soft:20200207221008p:plain

vfx-wr ventilation

ロック機構

ロック機構といえば、市場で最も安全で操作が簡単なダブルリング仕様になっています。他にも、事故時にヘルメットを外側から簡単に取り外せるエマージェンシークイックリリースシステム(EQRS)、サイドクッションを素早く安全に取り外せる、取り外し可能なノーズプロテクターの設計なども見逃せません。

快適さ・サイズ

Shoei VFX-WRの内部には、取り外し可能で洗濯可能なライナーがあります。頬パッドとキャップの2つのパーツで作られています。

頬パッドは、SHOEIがMAX Dryと呼んでいる湿気を吸い取る素材で覆われた輪郭のあるフォームから作られている。顔から水分を吸い取り、引き込むように設計されています。

サイズはS/M/L/XL/XXLの5種類が展開されています。

f:id:pastel_soft:20200207220415p:plain

VFX-WR ALLEGIANT発売

ALLEGIANT(アレジアント)が2020年4月発売

カラー・グラフィックモデルを入れると非常に種類が豊富なVFX-WRですが、SHOEIはまだまだ新しいグラフィックを投入してきます。それぐらい、メーカーとして自信を持っていて、長く使ってもらいたいと考えている製品だと言えるでしょう。

部品の供給やアフターパーツ・適合汎用パーツも増えるのでユーザーにとっては嬉しいことですね。

まとめ

VFX-WRは最高レベルの安全性と機能を有したプレミアムオフロードヘルメットです!オフロードバイク愛好家で、装備に関して最高のものを探しているなら、Shoei VFX-WRは間違いなくNo.1だと言えます。

他にも多数の国内・海外ヘルメットのレビューをしています。ぜひこちらからご覧になってください!

www.pastel-software.work

では、また次の記事で!

参照:https://www.motocard.com/en/blog/reviews/helmets/shoei-vfx-wr-off-road-helmet/

参照:https://billyscrashhelmets.co.uk/review-of-the-shoei-vfx-wr-motocross-helmet/