パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験したIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ。ヘルメットレビューにも注力中

MENU

The Shark Spartan GT Carbonレビュー!

f:id:pastel_soft:20200114081851p:plain

shark spartan gt carbon

海外ヘルメット大手のSharkからSpartan GT Carbon(スパルタン ジーピー カーボン)は、Shark Spartan Carbonの後継として生まれたヘルメットです。

Shark Spartan GT Carbonは、Shark Spartan GTのカーボンファイバー版です。バイザー、換気システム、内装に変更が施されています。

では、早速レビューをしていきましょう!

SHELL:シェル

まず、シェルを見てみましょう。

シェルは、製品名にCarbon(カーボン)とあるように炭素繊維でできています。炭素繊維であることのメリットは、ガラス繊維やポリカーボネートと同じ強度を得るために必要な材料が少ないことです。材料が少ないというのは、軽量であることが望まれるヘルメットにとってメリットが大きいです。

ヘルメットの重さはMサイズで1450グラムという結果でした。通常のShark Spartan GTより70グラム軽くなっています。ヘルメットはXSからXXLまでの2種類のシェルサイズがあります。

サイズはXS~XXLの8種類が用意され、1つのシェルサイズはXS~Mをカバーし、もう1つはL-XXLをカバーしています。

f:id:pastel_soft:20200114083343p:plain

gt carbon

換気性能

換気のために、ヘルメットの上部に大きな吸気口が1つあります。この吸気口は、ヘルメットの上部にあるスライダーで開閉することが可能になっています。

小さなスイッチで開閉できる顎部分の吸気口も2つあり、これらの吸気口からヘルメット内部に冷気を吹き込んで、EPSシェル内を通り、後部に吹き抜け、スイッチで開閉できる後部の排気口から吹き出す仕様になっています。

バイザー

最も大きな変更点は新しいVZ300バイザーです。Spartan GTと並んでSpartanとSpartan Carbonのオリジナルヘルメットに使われていたVZ160よりも大幅に改良されたShark VZ300バイザーが装着されています。

リリースタブを指で押し込み、持ち上げるという独特のロック操作を行います。安全性に非常にすぐれていると評価されています。

バイザーにはいくつかの色があり、GTには通常のスパルタンと同じスライドで操作できるサンバイザーも搭載されています。

SpartanのVZ160と同様ピンロックMaxVisionインサートを備えた光学式クラス1バイザーで、視界を妨げることなく、寒い日にバイザーが曇らないようになっています。バイザーの取り外しは非常に簡単にできるようになっています。

内部のサンバイザーはSpartanからそのまま残り、スライドスイッチはシェルの上部の同じ位置に残りますが、スイッチ自体は操作しやすいように変更されています。

内装

内装の裏地は取り外し可能で洗濯もできます。抗菌加工が施されています。最近のヘルメットとしては標準的な内容です。

ベースとなるSpartanモデルよりも居心地の良い感じになり、立体的な構造になっている頬パッドがぴったりフィットします。頬パッドには新しい緊急解除システムも付いていて、不運にも事故が起きたときに対応がしやすくなっています。

あごの後ろ部分を引っ張るとヘルメットからパッドが解放され、救急隊員が最小限の手順でヘルメットを外すことができるようになっています。

内部には取り外し可能な耳パッドもあり、内部にShark Prime Bluetooth通信システムを装着することもできます。

このヘルメットは、空気の流れを促進するために、ヘルメット自体に多数のEPSチャンネルを備えていて内部の空気が積極的に循環されていきます。

f:id:pastel_soft:20200114084411p:plain

spartan gt carbon back

まとめ

Spartan GT CarbonはSpartan Carbonを改良し、カーボンファイバー、バイザー、換気システム、内装変更、そして追加のロック機構持つヘルメットになっています!

Shoei GT-Air2と同じ価格帯で高性能なヘルメットという見方もできます。GT-Air2を検討中のパスコーとしては、スポーティーかつ高性能なSpartan GT Carbonもいいなぁと目移りする贅沢な悩みを持っています。

海外ヘルメットはデザインがかっこいいですし、同じヘルメットをかぶる人に出会う確率が低いのも嬉しいですよね。ヘルメットがそのまま自分の個性になる、そういう気持ちで選ぶのも楽しいです。

2020.1.14時点ではGT Carbon未発売のためSpartan Carbonをご紹介しておきますね!

 

なんと言ってもインパクトがあるのはこちらロレンソモデルかも!

その他にも多数の国内・海外ヘルメットのレビューをしていますのでこちらから是非ご覧になってください。

www.pastel-software.work

参考になったよと思っていただけましたらtwitterFacebookなどSNSへシェアいただけますと嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

では、また次の記事で!