パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験したIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ。ヘルメットレビューにも注力中

MENU

Royal Enfield350(コードネーム:J1D)2020年4月登場!

f:id:pastel_soft:20200321210343p:plain

Royal Enfield350

人気のオートバイメーカーであるロイヤルエンフィールドが、2020年4月に新しい350ccクラスのバイクをリリースするという情報が入ってきました! 

 その名はMeteor(メテオ)!

Royal Enfield Meteor(ロイヤル エンフィールド メテオ)は、コードネームJ1Dという全く新しいタイプのバイクと言われています。同社の350年シリーズの新世代オートバイだ。

 

ロイヤルエンフィールドは最近、Hunter、Sherpa、Flying Flea、Roasterなどの商標登録を申請していることに注目をしておきたい。

自動車メーカー、バイクメーカーが、今後発売されるモデルの商標登録をかなり前から申請するのはあまり一般的ではない。つまり、近々、上記のモデルがリリースされる見込みがあると思って良いのではないかと推測できる。

f:id:pastel_soft:20200321210419p:plain

BS6 Royal Enfield Bullet 350

 

若者や女性に乗ってもらいたいバイクとしてJ1Dは開発された

Royal Enfield J1Dは、Thunderbird350よりも軽くて手頃な価格になるだろうという噂が飛び交っているが、ロイヤルエンフィールドは以前から若者と女性をターゲットにした軽量バイクを発売する計画を発表していた。

また、同社は現行モデルの最新の排ガス規制であるBS6対応バージョンを350シリーズで開発している。

当初、同社は史上初のBS6対応製品として次世代モデルの発売を計画していましたが、現在ではこれらのオートバイは2020年後半に発売見込みと伝えられている。

f:id:pastel_soft:20200322091739p:plain

Royal Enfield Thunderbird 350

今後発売される350モデルの仕様はまだ明らかにされていないが、おそらく、出力とトルクの数値はBS6バージョンよりもわずかに低くなるだろうと関係者は話している。

同社のラインアップの次世代350モデルは、OHC(オーバーヘッドカム)エンジンアーキテクチャを備えています。

新型モデルは、BS6のキャブレターと比較して、燃料噴射システムを搭載する。現在の346cc空冷単気筒エンジンは、最大出力19.1 bhp(約20馬力)、ピークトルク28Nmを出力していて、5速トランスミッションだ。

500ccクラスの二輪車は、インド市場での需要が減少しているため、義務付けられる、BS6排ガス規制に対応するようにアップデートされないため、公式に生産中止を決定した。

このブランドの500ccポートフォリオは、在庫がなくなるまで販売店のみで販売されることになっている。

日本メーカーでも多くの人気あるバイクが排ガス規制のアップデートに伴って姿を消していますが、インド市場でも同じことが起きています。同等の姿形で復活してくれることを期待したい。

ロイヤルエンフィールドは低排気量バイクのラインナップ拡充

今後のオートバイのバリエーションは特に若い観客をターゲットにした低排気量の250ccのRoyal Enfield Himalayanであり、高排気量バージョンと比較した場合、手頃な価格で類似のアドベンチャーツアーの特色を提供するだろうと示唆している。

後継のバイクはインドの道路で何度もテストされており、外観はThunderbirdクルーザーとほぼ同じで、ボディパネルは黒く、その他の外観上の変更はほとんどない。

新しい排出基準は2020年4月1日から国内で開始される。

f:id:pastel_soft:20200322092939p:plain

himarayan411

ロイヤルエンフィールドはBS6準拠のClassic350、Himalayan411、Bullet350の各モデルを販売店で展開し発売しています。今後も若者や女性をターゲットに軽量の低排気量モデルを拡充すると言っているそうです。

今後のモデル展開にも期待ですね!

その他のバイクニュースもお届けしております!こちらから是非ご覧になってください!

www.pastel-software.work

最後までお読みいただきありがとうございました!
では、また次の記事で。

 

 低排気量のバイクもいざという時に頼れる保険・ロードサービスは必ず入りましょう。ZuttoRide Clubは見積無料なので参考価格としてどうぞ。

参照:https://gaadiwaadi.com/new-gen-royal-enfield-350-codename-j1d-to-launch-by-end-of-april/