パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験するIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ

MENU

office365を期間無制限で評価利用する方法はこれだ。開発者プログラムの存在を知ろう。

パッケージ版もしくはボリュームライセンス

Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)を購入することが

個人や企業でも当たり前でしたが、今やOffice365を

選ぶことが基本になりました。

 

と、書きながらも自宅ではパッケージ版の

office2013や2016を愛用していたりするわけですが

office365ならどんなことができるのか知りたいと

思うことがしばしばあります。

office365を評価してみたいですよね。

 

Office365を試用したい場合は無料で試す用意がある

もちろんマイクロソフトさんは評価版を

用意してくれています。

下記URLを開いて、各プランの下の方に無料で試すとあるので、

登録をすれば30日間、無料で評価することができます。

 

WordやExcelPowerPointのOnline版ぐらいの利用であれば

普段から利用しているかもしれませんが、

SharepointSkype for Business(Teamsへ移行となります)は

個人のアカウントでは試すことが難しい。

products.office.com

そしてなんと言っても、30日というのは短い。

1週間ぐらい、どっぷりとoffice365の評価版を使い倒す時間を

確保することができれば十分足りるのですが、

スキマ時間に少しずつ触って学んでいくスタイルだと

あっという間に30日が経過してしまう。

やりたいことが確認できぬまま期間終了となり、

確認するには再登録のハードルが発生する。

そうしてoffice365には興味があるけどチャレンジできない状況に

陥っている方が多いのではないでしょうか。

 

そんな方には、評価期間の延長を実施しましょう。

手続きをすれば最大30日の延長(計60日)が可能です。

管理センターから少し操作をするだけなので難しくありません。

後少しだけ検証すれば終わりという方は

評価期間の延長を実施しましょう。

docs.microsoft.com

 

これで60日間、使うことができます。

当初の2倍の評価期間です。

60日あればアプリケーションの検証はもちろん、

データを投入して開発を行うことも可能です。

 

が、顧客への提案やチームで大型の開発プロジェクト

提案に向けた検証だと、60日でも足りないことがあるでしょう。

そんな方に開発者プログラムというものが用意されています。

 

60日じゃなくて90日あれば・・・という方は

以下の記事を参照していただき、延長の手続きを

取ることでマイクロソフトさんにご相談をすることができます。

何度かご相談をしていますが、私はすべて延長OKとなっています。

www.pastel-software.work

 

条件付き期間無制限E5が使える開発者プログラム

実はoffice365に条件付きではあるものの

期間無制限でE5という最上位プランが使える

開発者プログラム(office365 developer program)というものが

用意されています。

 

この開発者プログラムでは次のように定められています。

5 ユーザー ライセンス付きの Microsoft 365 E5 開発者用のサブスクリプションです。 90日間有効で、開発目的 (コーディングのソリューション) のみに無料で使用できます。

 

90日間という定義はされているものの、

90日の間に開発アクティビティが(マイクロソフト側で)確認できれば

期間は90日単位で延長されていくというものになっています。

つまり、開発するならば期間は無制限ということになります。

 

この開発者プログラムのルールは2019年4月に更新されているようで、

以前はOffice365 E3相当を1年間、無償で利用が可能というものでしたが

今は条件付きながらE5が期間無制限で使えるようになりました。

 

少し細かな機能になりますが、E3とE5を比較すると、E5では次の機能が

利用可能になっています。

※開発者プログラムに登録すると特に意識することなくE5が利用可能

365 E5が利用できます。

  • Advanced analytics with Power BI
  • Enterprise Mobility + Security (EMS) for compliance and information protection
  • Office 365 Advanced Threat Protection
  • Azure Active Directory for building advanced identity and access management solutions

 

60日でも90日でも足りない、そもそも期間関係なく開発検証を

したい方は躊躇うことなく開発者プログラムの登録を行いましょう。

Office365開発者プログラムの登録手順 

期間無制限に使える開発者プログラムの登録を

是非行いましょう、と書いたとて登録方法が

分かりにくいのがIT。

そんな方のために、パスコーソフトウェアで

登録方法をご紹介します。

 

手順1.まずは開発者プログラムのサイトを開きます。

サイトを開くだけの超かんたん作業。

手順2.今すぐ参加するを選択します。

f:id:pastel_soft:20190928103107p:plain

手順3.アカウントにサインインします。

マイクロソフトアカウントを持っていない方は

作成の文字をクリックして先に作成を行います。

f:id:pastel_soft:20190928103302p:plain

手順4.国・地域の設定と会社名登録

国・地域はJapanでOKです。

会社名は所属先を入れておくと良いでしょう。

f:id:pastel_soft:20190928103714p:plain

手順5.office365開発者プログラムのユーザー設定

アンケートのようなものです。画面の問に素直に回答していきます。

  • どのような業界に従事していますか
  • 開発者としての主な目的は何ですか
  • どのような開発に関心がありますか
  • どの分野に関心がありますか

f:id:pastel_soft:20190928103945p:plain

この画面の選択肢はアンケートのようなものなので

あまり気にせず、これかな?と思うものがあれば

ポチポチと選択していきましょう。

選ばなければならないもの、選んではならないものは

無いと思われます。

パスコーは次のように選択しました。

f:id:pastel_soft:20190928104253p:plain

手順6.登録できた!(確認のみ)

f:id:pastel_soft:20190928104355p:plain

手順7.サブスクリプションのセットアップをする

office365開発者プログラムへの登録ができたら

実際に利用開始するにはライセンスの登録が必要です。

画面のサブスクリプションのセットアップを選択します。

f:id:pastel_soft:20190928104502p:plain

手順8.開発者向けサブスクリプションのセットアップ

開発者向けサブスクリプションをセットアップします

 次の項目を入力していきます。

  • 国・地域設定:Japan
  • ユーザーを作成する:好きなユーザー名でOK。例 pastel
  • ドメイン名を作成する:好きなドメイン名でOK。例 pastel-software (後ろに自動的にonmicrosoft.comが付与される)
  • パスワード 好きなパスワードでOK。

 

f:id:pastel_soft:20190928104638p:plain

手順9.セキュリティのための電話番号を追加します。

IDやアカウントへの変更確認が必要な場合に使う電話番号。 

連絡が取れる携帯電話の番号を入れておけばよい。

コードを受け取る必要があるので、メッセージが受け取れる端末の番号が必要。

f:id:pastel_soft:20190928132357p:plain

コードを送信すると、携帯に数字5桁のコードが

送られてくるので、そのコードを画面に入力し

セットアップを選択する。

f:id:pastel_soft:20190928132620p:plain

 

office365 開発者プログラム登録完了

画面を見ると、最初の90日分(91日表記)の

ライセンスが付与されたことが確認できた。

これで条件付きではあるが、無期限でoffice365 E5の

開発検証環境を手に入れることができたことになる。

 

30日の評価版を利用して焦って延長の方法を

調べたり、途中まで準備を進めた開発環境を

失って再セットアップをする必要がなくなった。

存分に検証環境を使い倒し、offic365を

楽しむことができる。

f:id:pastel_soft:20190928133321p:plain

 

補足1:一部の情報が見つかりませんに遭遇したら

手順を進めていく中で、次のようなメッセージが出ることがある。

一部の情報が見つかりません。

Microsoftアカウント(https://account.microsoft.com/profile)に姓/名を追加してから、後でもう一度お試しください。システムに変更が反映されるまでに数時間かかることがあります。

f:id:pastel_soft:20190928133935p:plain

この場合、上記に記されているURLにアクセスして

プロフィールの姓、名の登録を行えば良い。

f:id:pastel_soft:20190928134224p:plain

システムに変更が反映されるまでに数時間かかることがあります、と

書いてある通り、実際に登録をしてから反映されるには

1時間ほどかかった。

画面をF5で更新して待つよりは食事をとるなど、

他のことをして時間を有効に使うことが望ましい。

 

補足2:マイクロソフトアカウントによっては手順8に進めないことがある。

原因はわからないが、私が一番最初に作ったマイクロソフトアカウントでは

どうやっても手順8に進めなかった。

このアカウントは@hotmail.comというドメイン

ホットメールというOutlook.comの前身サービスで

30年ぐらい前に作った私の初期のアカウントだ。

 

評価版はもちろん、VLSC、MSPNなどなど様々な

マイクロソフトのサービスに登録していたことがあるためか

どうやっても進められなかった。

諦めてgmailのアカウントで登録したらスパッ!!と

完了できたので手順がうまく進められない場合は

諦めて新規のアカウントを作るなどで回避してほしい。

 

Office365をこれから学ぶための推奨書籍

 

では!