パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験するIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ

MENU

今すぐ手に入る!全世界で発売中のベストヘルメット10選

現在発売中のヘルメットの中で、MCNによるベスト・バイクヘルメット10選が発表されていました。

SHOEIやARAIなど日本のヘルメットだけでなく、モーターサイクルが盛んなヨーロッパの人気モデルも含めた中での選考になっており、私パスコーもフムフム言いながら見入っておりました。

来年、ヘルメットを買い換えようと考えておられる方のご参考になれば幸いです。では、早速まいりましょう!

ベル ヘルメッツ(BELL Helmets) STAR MIPS

f:id:pastel_soft:20191231180625p:plain

bell star mips

1967年に発売されたオリジナルのベル STARは、世界初のフルフェイスヘルメットでした。今では、マルチインパクトプロテクションシステム(MIPS)を備え、ヘルメットテクノロジーの最先端に位置しています。

統合されたスリッププレーンはライナーとシェルの間に受動的に配置され、衝撃時に回転エネルギーが脳に伝達されるのを防ぎます。

また、3つのコンポジットシェル、統合されたスピーカーポケット、およびガラスのくぼみが特徴的です。

MCNは、今後の安全基準が更新されていく中で、MIPSを採用するヘルメットが増える可能性があると考えているようです。

 

アグレッシブなスタイルがたまらない。SS乗り推奨!

HJC i70

f:id:pastel_soft:20191231180923p:plain

hjc i70

新しいスポーツツーリングヘルメットであり、人気のIS-70よりもさらに優れたコストパフォーマンスを発揮しています。

ポリカーボネート構造であるにもかかわらず、新しいHJC i70はよりコンパクトで流線型の形状になっています。

上部とあごの通気口が改良され、通気性がさらに向上しています。IS-70と同様に、i70にはサンバイザーが内蔵されていますが、レバーは左側のあごバーにあるため、使いやすく、風切り音の低減にも役立ちます

サンバイザーは、HJCのHJ-31mで、以前のモデルのバイザーよりも幅広になっています。ピンロックにも対応しており、箱にインサートが付属しています。

XS-M用とL-XXL用の2つのシェルサイズがあり、19種類のデザインと色から選択でき、多くのユーザーの満足を引き出すでしょう。

 

こういう全車種に似合うヘルメットが実は一番活躍してくれたりするんですよね!

ARAI DEBUT

f:id:pastel_soft:20191231181325p:plain

arai debut

これは現在、2019年のARAIヘルメットの中で最も手に入れやすいモデルです。

手作業で作られるファイバーシェル、固定された内側のライニング、大口径のSAIバイザーと、効果的な通気孔により、現在廃止されているAxces IIとは一線を画しています。

Axcesとは異なり、Debutはピンロックインサートを備えており、黒、白、マットブラック、マットグレーでのみ利用できます。スペックはかなり基本的なものですが、それでもARAIの品質がにじみ出ています。

ただし、アップデートされたバイザーリリースメカニズム、取り外し可能な裏地、色の選択を楽しみたい場合は、より高価なProfile Vも検討するのが良いでしょう。

 

ARAIの品質や安心感を、より安く手にしたい方に最適なモデル!

SHOEI  GT-Air 2

f:id:pastel_soft:20191231181631p:plain

shoei gt-air2

Shoeiの最初の統合型サンバイザーツーリングヘルメット、GT-Airのアップデートバージョンです。

スポーツツーリングのデザインは日本のブランドながらヨーロッパで大ヒットとなった要因です。

MCNのテスターは通気口の有効性と静寂性を賞賛しており、SHOEIは新しいGT-Air IIで確かな進化をとげました。

安定性を高めるためにリアベントが恒久的に開いているようになりました。走行中に外気を吹き飛ばすことができる機能です。

また、UV保護をさらに強化するために5 mmの内部サンバイザーもあります。GT-Air IIは、ダブルDリングストラップではなくマイクロメートルバックルも備えていて顎や喉の快適性にも優れています。

 

私が購入しようと考えているGT-Air2も10選に入ってきました!

www.pastel-software.work

 

AGV K1

f:id:pastel_soft:20191231182015p:plain

agv k1

イタリアのヘルメット最高峰のAGVが、新しいエントリーレベルのスポーツヘルメットとして発売したK1は、攻撃的なシェルの形状とスポイラーを特徴としています。AGVの最上位ヘルメットであるPista GP-Rに匹敵するとも言えるでしょう。

効果的な換気、取り外し可能なウィッキングライナー、ダブルDリングストラップを備えたK1は、予算重視のライダーに最適なヘルメットです。

熱可塑性シェルの下には、衝撃吸収用のマルチ密度EPSと、レーシングクラウチに押し込められるように空気力学的に最適化された形状をしている。

 

ロッシファンとしては、手が届く価格帯でこのヘルメットが手に入るというのは非常にワクワクします。ライディングが上達したらほしい!

LS2 Challenger HPFC

f:id:pastel_soft:20191231182348p:plain

ls2 challenger hpfc

スタイリッシュで美しい品質の複合繊維シェルチャレンジャーは、軽量でスポーツスタイリングと、豪華な取り外し可能なライニング、ドロップダウンサンバイザー、ピンロックバイザーインサート、顎カーテン、ブレスガードなどの実用的なツーリング機能を兼ね備えています。

あご、額、頭頂部、後部には多数の通気口があり、大きなバイザー開口部には、引き裂きポストを備えた傷のつきにくいAクラスシールドが付いています。

チャレンジャーには、適切なヘルメットキャリーバッグと膨張式サービススタンドも付属しています。XS-XXLのサイズが選択でき、大きく3つのシェルサイズに分かれます。

 

口・顎の部分の形状が特徴的ですね。スターウォーズに出てきそうな雰囲気がかっこいい。

AGV AX9

f:id:pastel_soft:20191231182559p:plain

agv ax9

アドベンチャーツーリング、MX、またはアーバンジェットスタイルのヘルメットとして、積極的に形作られたAX8アドベンチャーヘルメット。

安定性と騒音低減を高めるように設計された、より公道での走行を意識したシェル形状を持っています。パノラマバイザーとピンロックインサートに加えて、高速でのヘルメットのズレを防止する構造になっています。

テクニカルファブリックライニングは、あらゆる条件で快適性を高めることを目的としており、取り外して洗えます。

頭の上、バイザー、あごの通気口は、ライダーの好みに応じてすべて取り外すことができます。2つのシェルサイズでXS-XLを使用できます。純粋なカーボンファイバーシェルバージョンも用意されています。

 

いつかオフロードやアドベンチャーバイクにも乗ってみたいなと思っている私としては気になるヘルメット!

Spada Storm

f:id:pastel_soft:20191231182940p:plain

spada storm

都会のライダー向けに設計された新しいスパーダ ストームは、取り外し可能なあごセクションを備えており、オープンフェイスのヘルメットとしても着用できます。

ABSプラスチックシェルの下には、内部ドロップダウンサンバイザー、取り外し可能なコンフォートライニング、クイックリリースのチンストラップ留め具があります。サイズXS-XL。

 

日本にはない特徴的なヘルメットですね。これをかぶって走るだけで周囲の注目があつまること間違いなしです。

Caberg Drift Evo

f:id:pastel_soft:20191231183728p:plain

caberg drift evo

複合シェルのドリフトエボ(Drift EVO)は、実用性を少し求めているスポーティなツーリングライダーに最適です。

ドロップダウンの内部サンバイザーと、ピンロックバイザー、ダブルDリングファスナー、ネックロール、ブレスガードを備えており実用性抜群です。

カーボンコンポジットシェルバージョンもあり。

 

ヨーロッパではこういう、コスパの良いスポーティーなデザインのヘルメットが多いようですね!

AGV Pista GP-R Soleluna 2018

f:id:pastel_soft:20191231184047p:plain

agv pista gp-4 soleluna2018

Valentino Rossiが着用しているように、Pista GP-RはAGVの最高峰ヘルメットです。

サーキットトラック専用に設計されたPista GP-Rは、フルカーボンファイバーシェル、内蔵ハイドレーションシステム、恒久的に開く通気口、クラスをリードする超ワイドバイザーシステムを備えています。

Soleluna 2018では、修正されたプロスポイラーを含めることで、Pista GP-Rが空力的に造形された形状を微調整します。この新しい形状のスポイラーは、約80ポンドで古いPistaおよびCorsaヘルメットに後付けできます。

 

最後にド本命がやってきました!これぞヘルメットの最高峰。そしてRが増えた、PISTA GP RRという製品も存在しています。次はRRR?

www.pastel-software.work

 

 海外モデルも日本のショップ経由で安全安心に購入が可能

やはりSHOEI、ARAIはヨーロッパというバイク市場でも認められているのだなと感じさせられる10選の様相でした。

日本にいると、あまり目にすることのないヘルメットが多かったように私パスコーには見えていますが、ほしいヘルメットは見つかりましたでしょうか。

 

海外製品ですが、意外にも、価格は手に入れられないようなものではありません。日本のショップが間に入って輸入してくれますので安心して検討することが可能です。

気になったヘルメットを確認し、その他の候補ヘルメットとぜひ比較してみてください!

 

 

www.amazon.it

 

 

 

 

 

www.amazon.it

 

 参照:MCN

では、また次の記事で!

 

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work