パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSEパスコーが経験したIT・子育てについての経験をお届けするブログ。趣味であるバイクにあまり乗れないことから、欲しい物のレビューを書くことで楽しんでいる。バイク関連がメインコンテンツになりつつあります。

MENU

ホンダから新型アドベンチャーNX200が登場する可能性

ホンダは最近、Hornet 2.0をベースにした次期アドベンチャーバイクの名称と思われるNX200を商標出願しました。

f:id:pastel_soft:20210503220042p:plain

ホンダからライトウェイトアドベンチャーバイクNX200が登場するか

2020年、ホンダモーターサイクル&スクーターインディア(HMSI)がHornet 2.0のプラットフォームをベースにした小容量のアドベンチャーバイクをインド市場に投入する計画であること発表していました。

f:id:pastel_soft:20210503220932p:plain

ホンダHornet2.0がNX200のベースになると予測

 

その後、ホンダはNX200という商標を出願しましたが、恐らくこの名称が次期アドベンチャーバイクの名前になるでしょう。

では一体どんなバイクになるのか、見ていきましょう!

ホンダはCB190Xで既にライトウェイトアドベンチャーの実績あり

ホンダには中国市場向けのエントリーレベルのアドベンチャーバイク「CB190X」があります。そのルックスや基本構成を見れば、次期NX200がこのCB190Xに酷似していても不思議ではありません。

f:id:pastel_soft:20210503215947p:plain

中国で発売されているホンダCB190X。NX200のベースとなるか。

 

この新型アドベンチャーバイクNX200には、Hornet 2.0と同じ184.4ccの空冷単気筒エンジンが搭載される予定です。

このエンジンは、ピークパワー17.26PS、最大トルク16.1Nmを発揮し、5速ギアボックスで構成されています。

日本ではスタンダードになっているスズキのV-STROM250(Vストローム)よりも50cc以上少ない排気量であるとはいえ、かなり控えめなエンジン出力、トルク設定です。

どちらかと言うと、舗装路をトコトコと楽しく走る燃費の良いツーリングバイクという位置づけで開発されることが予測されます。

ちなみにVストローム250はカタログベースですが39km/lですので、NS200は50km/lぐらいの低燃費で登場するかもしれませんね。期待です。

 

ホンダNX200には、ロングトラベルサスペンション、高さのあるハンドルバー、立体的なシートが採用されることが予想されます。

更にはクチバシのようなフロントフェンダーや背の高いウィンドスクリーンを装備し、アドベンチャースタイルの定番というデザインで登場するでしょう。

スポークホイールとなるかどうかはまだわかりませんが、ホーネット2.0と同じ17インチのホイールにストリートタイヤが装着されると考えるのが妥当です。

そのほかは、オールLED照明、フルデジタル液晶メーター、シングルチャンネルABSなどが搭載されると予測されています。デュアルチャンネルのABSもオプションでえらべることを期待したいところです。

価格、発売日

価格については、Honda NX200はHornet 2.0に比べて若干のプレミアムをつけて、現地インドで22万円程度になると予想されています。

更に安い価格設定がなされれば、ホンダのホーネット2.0ベースのアドベンチャーバイクNX200は爆発的な人気となるかもしれません。

発売日はまだ明確にはなっていませんが2021年の下半期(10月~3月)であると考えられ、世界一のバイク市場インドでのライバルはHero Xpulse 200とRoyal Enfield Himalayanになります。

先日、ヤマハも記事でお伝えしたように小排気量アドベンチャーバイクのFZ-Xを開発していることからも、競争の激化が予想されます。

www.pastel-software.work

 

 あわせてよみたい

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また次の記事で。

 

低排気量バイクも保険・保証は必ず入りましょう。

24万人以上が契約するZutto Rideがおすすめ。

参照:https://gaadiwaadi.com/honda-nx200-trademark-filed-hornet-2-0-based-adv/

参照:https://www.rideapart.com/news/504394/honda-nx200-coming-soon-india/