パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSEパスコーが経験したIT・子育てについての経験をお届けするブログ。趣味であるバイクにあまり乗れないことから、欲しい物のレビューを書くことで楽しんでいる。バイク関連がメインコンテンツになりつつあります。

MENU

システム要件を満たさないPCにWindows11をインストールする手順

f:id:pastel_soft:20211011093301p:plain

CPUがシステム要件を満たさないPCにWindows11をインストールする手順

私パスコーの利用しているPCはCPUがWindows11に対応していないため、インストールができないものです。

Windows10を利用していて別段問題はないものの、Windows11を使ってみたい気持ちを抑えられず、マイクロソフトが公開したCPUのチェックをスキップするレジストリ対応を行って無事にWindows11環境を手に入れました。

同じようなことを考えておられる方の参考になれば幸いです。

では、さっそく手順をご紹介。

どうしてもWindows11を試したかったPCのスペック

今回、強制的にWindows11にアップグレードした私のメインPCはHP ENVY x360 13-ag0009AU。

最安値 Windows10 Vega6 Radeon 13-ag0009AU ダークアッシュブラック ノートパソコン  Ryzen3搭載/フルHD液晶】HP 【SSD256GB搭載/AMD Home 4ME09PAAAAV 13ag0009AU 4ME09PA-AAAV  日本語キーボード Webカメラ Bluetooth4.2 IEEE802.11a/b/g/n/ac 8GB 13.3型 64bit-ノートPC ...
スペックは下記の通りで、CPUがWindows11のシステム要件を満たしません。

  • 13.3型(1920×1080)
  • Windows10 
  • AMD Ryzen 3 2300U ←これがNG
  • メモリ8GB 
  • M.2 SSD 256GB(PCIe NVMe M.2)

その他のAMD RyzenシリーズでZen1(第1世代)のCPUを搭載しているPCは同じ状況であると思われます。

AMD第1世代CPU:Ryzen 7 1800X、Ryzen 7 1700X、Ryzen 7 1700、Ryzen 5 1600X、Ryzen 5 1600、Ryzen 5 1500X、Ryzen 5 1400、Ryzen 3 1300X、Ryzen 3 1200、Ryzen 5 2400G、Ryzen 3 2200Gなど

 

同じ状況であるかどうかを知るには、利用中のPCがWindows11に対応しているかどうかを確認するツールがあるので実行します。

PC正常性チェックアプリでWindows11の対応状況を確認する

マイクロソフトが公開しているPC正常性チェックアプリで確認ができるので、こちらのページからダウンロード&インストールを行います。

 

インストールできたら起動します。

f:id:pastel_soft:20211011093835p:plain

Windows11のシステム要件を満たすかどうかを確認するツール。

すると、私のPCでは残念ながら次のように表示された、ということでした。

このPCは現在、windows11システム要件を満たしていません

プロセッサは現在、Windows11でサポートされていません。

 

CPU以外はすべてクリアしているのに悔しい思いです。

f:id:pastel_soft:20211011093926p:plain

f:id:pastel_soft:20211011093948p:plain

このままWindows10を使えるところまで使って、買い替えとなるのかなと思っていましたが、マイクロソフトが非推奨ながらもこちらのWEBページで回避方法を提示してくれたので、ここぞとばかりに試してみることにしました。

f:id:pastel_soft:20211011094015p:plain

マイクロソフトが公開したCPUが動作要件を満たさなくてもWindows11をインストールできる方法(非推奨にはなります)

まとめると、TPM 2.0に対応したCPUというのは、Intelでは第8世代Coreプロセッサ以降、AMDでは「Zen 2」以降のプロセッサと比較的新しいモデル(プロセッサ外にTPMを搭載する場合は別)からで、それより古いCPUを積むPCではインストールできない仕様にはなっています。

ただし、今回マイクロソフトが公開した方法を使うことで、承認済みリストに含まれているCPUかのチェックを回避してWindows 11がインストール可能となるということです。

CPUのチェックを回避するため、レジストリを変更

回避方法は、レジストリエディタで
「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup」に「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」を作成し、「REG_DWORD」の値を「1」にします。

f:id:pastel_soft:20211011094304p:plain

Windows11をインストールするためにCPUチェックを回避するレジストリ値AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPUを作成する

 

右クリックから、新しいレジストリキーを作成します。

AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU と、一字一句、間違いなく入力する必要があります。また、関係ないキーを削除したり編集するとWindowsが正常に動作しなくなるリスクがあります。自己責任かつ慎重に作業をおこないましょう。

f:id:pastel_soft:20211011094407p:plain

レジストリエディタでAllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPUの値を作成した。

キーを作成したら、一度Windowsを再起動します。

試しにWindowsUpdateの画面を確認してみるも、Windows11の要件を満たしていないというメッセージに変化はありませんでした。

ということで、アナウンスの手順通り進めていきます。

f:id:pastel_soft:20211011094433p:plain

レジストリキーを作成したあと、OS再起動したがWindowsUpdateの画面は変わらなかった

いざインストール!Windows11のインストールアシスタントをダウンロードして実行

こちらのページからWindows 11 インストール アシスタント(Windows11InstallationAssistant.exeというファイル)をダウンロードして実行します。

今回のやり方では、8GB以上の空き容量のあるUSBメモリをPCに差し込んでおく必要があります。

f:id:pastel_soft:20211011094552p:plain

Windows11インストールアシスタントを使ってインストールを行う。

 

Windows11インストールアシスタントを実行すると、お決まりのライセンス条項が表示されますので内容を確認し、「同意する」をクリックします。

f:id:pastel_soft:20211011094635p:plain

 

言語とエディションの指定画面が表示されます。通常は何もせず「次へ」で問題ありません。

※変更する場合は、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外してPC環境に見合うオプションを選択します。

f:id:pastel_soft:20211011094657p:plain

 

 

使用するメディアを確認されますので、USBフラッシュドライブ(USBメモリのことです)を選択して「次へ」をクリックします。

f:id:pastel_soft:20211011094718p:plain

使用するメディアはUSBフラッシュドライブ(USBメモリのこと)を使う

次へをクリックすると、ダウンロードが開始され、Windows11のインストール確認があるだけで、あとは自動的にWindows11へのアップグレードが行われます。

ダウンロードやインストール処理にかなり時間がかかるので、作業時間に余裕のあるときに実行されることをおすすめしておきます。

 

無料で31日間も動画が見れるので、待ち時間の間も楽しく過ごしてください!

無料記事:Windows11で標準ソフトとなったRPA:Power AutomateDesktopの便利な使い方

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

 

最後までおよみいただきありがとうございました。

では、また次の記事で。