パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSEパスコーが経験したIT・子育てについての経験をお届けするブログ。趣味であるバイクにあまり乗れないことから、欲しい物のレビューを書くことで楽しんでいる。バイク関連がメインコンテンツになりつつあります。

MENU

OneDriveに保存されたTeamsレコーディングデータから文字起こしをする方法

f:id:pastel_soft:20210910103136p:plain

今回はTeamsのレコーディングデータを使い、議事録の材料となる文字起こしデータを自動作成をする方法をご紹介します。

以前はTeamsのレコーディングデータはStreamというアプリに格納されていましたが、変更になりOneDriveになりました。

 #詳しいことは下記の記事でご紹介しています。

www.pastel-software.work

 

OneDriveでは文字起こし機能がないため、少し操作をして文字起こしデータを手に入れましょう。

では、早速操作していきます。

レコーディングデータをOneDriveからダウンロードする

まず、文字起こしをしたい対象のTeams会議をレコーディングします。

#レコーディングの方法はこちらでご紹介しています。

www.pastel-software.work

 

会議が終了、もしくはレコーディングを停止すると、OneDriveにレコーディングデータが保存される仕様になっています。

少し待つと、レコーディングされたデータがOneDriveに保存されます。

f:id:pastel_soft:20210910101117p:plain

Teams会議のレコーディングデータはOneDriveに保存される

 

三点リーダー「・・・」から「One Driveで開く」をクリックします。

f:id:pastel_soft:20210910101300p:plain

レコーディングデータを確認するには、Teamsの三点リーダーからOneDriveで開くをクリックする

 

ブラウザでOne Drive上のmp4ファイルが再生されます。

この状態では発言を自動的に議事録作成してくれる、文字起こし機能は動作しません。

mp4ファイルをダウンロードします。

f:id:pastel_soft:20210910101439p:plain

ブラウザで開かれたOneDrive上の会議レコーディングデータ

 

PC上にmp4形式のレコーディングデータがダウンロードできました。

f:id:pastel_soft:20210910101514p:plain

TeamsのレコーディングデータがPC上にダウンロードできた

Stream(ストリーム)にアップロードして自動文字起こし

次にブラウザでoffice.comを開きます(この文字をクリックすると開きます)。

自分のMicrosoftアカウントとパスワードでOffice365にサインインします。

f:id:pastel_soft:20210910101637p:plain

Office365にサインインする方法

 

サインインしたら、画面左下にある「すべてのアプリ」をクリックします。

f:id:pastel_soft:20210910101732p:plain

office365にサインインしたら、すべてのアプリをクリックします

 

表示されたアプリの中から、Stream(ストリーム)をクリックします。

f:id:pastel_soft:20210910101806p:plain

Teamsのレコーディングデータを文字起こししてくれるのはStream(ストリーム)だ

 

Streamが開きました。

「ビデオのアップロード」をクリックします。

f:id:pastel_soft:20210910101902p:plain

Streamを開いたら、OneDriveからダウンロードしたTeamsのレコーディングデータ(mp4ファイル)をアップロードする

 

アップロードするファイルを選択するダイアログ(ウィンドウ)が表示されます。

先程ダウンロードしたレコーディングデータを選択します。

 

言語を日本語に選択し、保存をクリックします。

f:id:pastel_soft:20210910102059p:plain

Teamsのレコーディングデータをアップロードする際には言語設定を行います。日本語にしておかないと、正しい文字起こしができないので注意して進めよう

 

しばらく待機します。アップロードしたレコーディングデータのファイルサイズが大きいと時間がかかります。

処理が完了しました。発行する準備ができましたと表示されれば完了です。

f:id:pastel_soft:20210910102224p:plain

StreamにTeams会議のレコーディングデータがアップロードされ、処理が完了した旨のメッセージが表示される

 

画面を下にスクロールし、公開をクリックします。

f:id:pastel_soft:20210910102309p:plain

処理が完了したら、公開をクリックする

 

処理が完了したレコーディングデータを見るために、赤字になっているファイル名をクリックします。

f:id:pastel_soft:20210910102405p:plain

Streamで処理が完了したファイル名をクリックしてデータを確認する

 

すると、日本語で話した内容が画面右側のトランスクリプトのところに文字起こしされています。

これをコピペすることで議事録の作成がかんたんになります。

f:id:pastel_soft:20210910102628p:plain

OneDriveに格納されたTeamsのレコーディングデータから議事録を作成するためStreamで文字起こしを実行した

 

これで完了です。

今回はここまでです。ぜひ活用してみてください。

 

無料記事:あわせてよみたいTeams活用方法

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

www.pastel-software.work

 

最後までおよみいただきありがとうございました。

では、また次の記事で。