パスコーソフトウェア

育児まっただ中のSE(システムエンジニア)であるパスコーが経験するIT・子育ての現実を生々しくお届けするブログ

MENU

salesforceの認定アドミニストレーターおよびSales Cloudコンサルタント試験、効率的な合格方法

SalesforceのSales Cloud認定アドミニストレータおよびSales Cloud Consultant(セールスクラウドコンサルタント)試験に無事、合格することができた。

セールスフォースの認定試験は合格のための情報がインターネット上にあまりないので私の体験を提供する。

SalesForceってなんだ?から半年でアドミニストレーター試験を受験

f:id:pastel_soft:20190611115232p:plain

東京本社で一手に受けていたsalesforceの案件についてビジネス拡大により担当SEを増やしていく流れが社内にありSEに任命されたことがきっかけ。
salesforceってSFAよね?というSFAド素人な状態でとりあえずsales cloudのライセンスを割り当ててもらって勉強スタート。
 
せっかくのライセンスなので、自分が関わる案件のchatterに書き込んでみたり、いいねを押しまくって通知メール地獄に追い込まれるなどを経験。
様々な機能を動かしながら学ぶチャンスを得ました。
 
ライセンスの割当に並行してSFAとは、という社内研修も受けさせてもらうことができてsalesforceおよびSFAのやりたいことについて一通り概要が理解できました。
 
営業マネージャからレポートやダッシュボードの作成依頼を受けてチームのレポートを作るなどしてリアルな営業現場で必要な機能や考え方も習得していった。
 興味を持って継続してコツコツと積み上げれば人間の頭にはどんどん知識は格納されていきます。
また継続していくことで日々のレベルアップも感じられる。
それがまたモチベーションとなり、活動のエネルギーとなる。
ようし、認定アドミニストレーターも受験するぞという流れになった。

認定アドミニストレーターとは

認定アドミニストレーターは、その名の通りSalesforceの管理者として認定を受けるための資格です。
Salesforce組織の管理や取引先・商談・リードなど各種オブジェクトのカスタマイズを行う人が管理者とされています。
認定アドミニストレーター試験ではSales Cloud、Service Cloudにおいてシステム管理者が利用できる設定や管理するための設定項目から幅広く出題されます。
Salesforceの管理者だったり、利用者として普段から触っていてもそうそう簡単に合格することはできません。
よって、試験合格のための対策が必要になります。

【第1部】認定アドミニストレーター試験へのチャレンジ

ただ単にライセンスを割り当ててもらってワーイウレシイ!と甘いことはもちろんない。ビジネスだから当然だ。
Sales Cloud担当になったからには認定試験合格してねという課題付き。
色々と触ってみて、理解も進んだので、webassessorに登録をして試験に申し込んだ。
 
今回受験したのは
salesforce certified Administrator SU18
 
この認定アドミニストレーター試験では、割と細かな仕様が問題として出題されます。
マイクロソフトCISCOの試験に似ている。
ベンダー試験だから当然ではある。
 
この試験対策が大変だ。
MicrosoftMCPCISCOCCNAなどに代表される試験は過去問や対策問題集がそれなりに流通している。
しかしsalesforceの認定試験は過去問が出回っていない。
テキストだけで受けると考えてもらえればよいだろう。
 
結果を先に言うと試験本番では細かな仕様を聞かれて、試験用PCの画面の前で凍りつくような自信のないところもいくつかあった。
考えてもわからないし、変更して不正解になるのも辛いので己の選択を信じてエイヤッとSubmitをクリックして結果を待った。
 
無事にPASS(合格)
テストセンターを出る頃には次のような合格通知メールがメールボックスに届いてた。

 
次はバートナー制度の関係で、上位のSales Cloud Consultant(セールスクラウドコンサルタント)試験を取得してほしいというミッションが与えられた。

認定アドミニストレーター合格のための効率的な対策方法

合格のための勉強方法をシェアします。
★認定アドミニストレーター試験ポイントスタディ (CRT-101)を受講することを強くおすすめします。
その上で下記を参照してください。
 
ポイントスタディで学べる内容を下記に記します。
 
 内容

1. 事前課題の解答と解説
- 出題率の高い学習テーマのポイントの確認
- Salesforce理Ⅰのコースを復習
- 承認プロセス、キャンペーン、カスタムレポートタイプ、商品などの概要を理解

2. サンプル問題の受験
- 出題率の高い学習テーマ、重要な学習テーマを中心にしたサンプル問題の受験

3. サンプル問題の解答と解説
- 解説を通して、問題文のポイントと機能の確認(解説した問題は、受講後試験 までに復習してください)

https://www.trainocate.co.jp/reference/course_details.aspx?code=NFC0338R

赤字で 記した通り、試験の類似問題(サンプル問題)がポイントスタディでは提供されます。

このポイントスタディで提供されるテキストこそが最大の試験対策になります。

1)テキスト1〜8章について講習受講時に引いた重要赤線部を把握する

 試験対策におけるSalesForceのテキストと言えば、これしかない。

 重要赤線部はもちろんのこと、どういうことをSalesForceがアピールしたいのか考えながら読み込みを行う。

 もちろん、画面で動かしながら確認することが望ましい。

2)テキストの演習問題を9割以上が確実に取れるよう繰り返し解く。

 テキストに付属の演習問題はボーナス問題である。

 ここを落とすようだと試験合格は危ぶまれる。

 すべての問題の正解が分かることは最低限のことで、不正解の選択肢がなぜ不正解なのか調べ理解するまで確認する。

 ※60問中、10~15問程度出題される。

 ボーナス問題だから決して落としてはいけない。

3)研修:管理Ⅰ(前編・後編)テキストを読みこむ

 試験ポイントスタディの前提となるテキスト。

 講習を受講している場合は読み込みを行う。

 Sales Cloudの基礎的な用語や機能が解説されている。

 頭に叩き込むとともに、合格に向けて、SalesForceが何をアピールしたいのかを掴んで置くと更によい。

4)TrailHeadsの受講

 機械翻訳の、少し謎な日本語と戦いながらになるがベンダー試験であるSalesForceの認定アドミニストレーターに合格するためにはベンダーの考え方を理解することが必須。

 TrailHeadsではポイントごとに画面を動かして学べる。

 自分でストーリーを作って開発環境で動かせる場合はそちらでも良いが、それがなければTrailHeadsで動かすのが良いだろう。

5)開発環境で動しまくる

 開発環境を持っている場合はここになる。

 テキストの内容に沿って繰り返し動かして、どういう風に設定を行えば正しく動くのかを確認する。

 ポイントとして、仕様上必ずしなければならない設定がどこなのかも押さえると良いだろう。

6)わからないところは時間かかるけれどヘルプ読む

 最後の手段。時間はかかるが理解が進まない場合はヘルプを読む。印刷して移動時間に読むと良い。

(1)(2)は必須

(3)~(6)は時間が許す範囲で。普段SFDC使っていない方は最低限一通り動かしてみたほうがいい。

テストセンターで受付をした後、英語で書かれた注意事項意事項を手渡されますがカンニングしちゃだめよ、みたいな一般的なことしか書かれていませんので安心して良い。

 

【第2部】Sales Cloud Consultant試験受験時の私のSFDCレベル

  • SalesForce Sales Cloudをユーザーとして利用中
  • chatterや商談オブジェクトに、参画するプロジェクトの進捗を書き込み
  • プリセールス担当商談の見積もりや提案書などの資料をライブラリで共有
  • 営業の活動記録に補足を書き足す
  • 営業マネージャー向けのレポート・ダッシュボードを少しメンテ
  • アドミニストレータ試験は合格済

 

この程度。エンジニアというよりは、プリセールスを行うコンサルタントレベルというと正しいのかもしれない。

開発者・管理者としての業務は未経験。

こんなレベルを前提とした試験対策が下記の通り。 

実際に合格できたので、同等レベルの方であれば同じやり方で積み上げてもらえればきっと合格できる。

認定アドミニストレータ試験と同じく、ベンダー試験なので細かな仕様を覚えなければならないというクセはありますが、それなりにSalesForceをいじったことのある方なら難易度が非常に高いというわけではない。

※ただし、他にもあるセールスフォースのコンサルタント試験の中では最難関

Sales Cloud Consultantも、試験ポイントスタディ(CRT251)必須

試験合格のためとして考えると、認定 Sales Cloud コンサルタント試験ポイントスタディ (CRT251)を受講している方が効率的だと言えます。

1日で85000円と安くはありませんが、業務命令で合格しなければならない方が多いと思いますので会社に出してもらいましょう。
 
この試験ポイントスタディを受けて私も合格できましたのでその前提とさせていただきます。では本編

 

Sales Cloud Consultant試験の合格対策

help.salesforce.com

内容

1. 出題範囲の確認
- 主要な機能の復習(セキュリティ、商談、取引先、マーケティング等)
- コンテンツ機能、Salesforce to Salesforce、売上予測などの概要を理解

2. サンプル問題の受験
- 出題率の高い学習テーマ、重要な学習テーマを中心にしたサンプル問題の受験

3. サンプル問題の解答と解説
- 問題文のポイントと機能の確認(※解説した問題は、受講後試験までに復習してください)

https://www.trainocate.co.jp/reference/course_details.aspx?code=NFC0339R

 認定アドミニストレーター試験同様にポイントスタディでは

テキストで重要箇所の解説と、サンプル問題が提供されます。

Salesforceの公式対策研修が提供するテキストとサンプル問題ですから完璧にしておくことが合格への近道です。

あとは理解を深めるだけです。

1)ポイントスタディのテキストをマスターする

受講時に引いた重要赤線部、手書きで追記したことについて、画面を思い浮かべながら把握していく。

わからないことがあったら画面で動かすと理解しやすい。


2)ポイントスタディテキストの演習問題を9割以上解けるようにする。

問題を解くと言っても解答丸暗記はダメです。
正解の選択肢だけでなく、不正解の選択肢についても何故その選択肢が正解なのか、その他の選択肢がなぜ不正解なのかを調べて言えるようにする。
→※60問中、10問程度似ている問題が出題される。
  この部分は絶対に取りこぼしはNGだ。

3)もう一度(1)のテキストを読み込む

 この時、ベンダー試験なので仕様をきちんと把握し記憶する意識を持ちます。
 (2)で試験で問われる切り口が把握できたと思いますので、各ページを読みながら「こういう風に問われるかも」と考えながら読み込みます。
 (2)で間違えた問題の部分の再確認もします。
 
後はひたすらスキマ時間に(2)と(3)を繰り返すことで試験対策となります。
時間の余裕があれば、次の事もしておくとより良いです。
重要ポイントは画面で動かすことは怠らないほうが良い。


4)TrailHeadsを受講する。

 ベンダー試験は仕様を把握することが重要。

 ベンダーであるSalesForceのe-learningであるTrailHeadsは受けておくと思考がセールスフォース脳になりやすいので推奨。

 ※日本語が分かりにくいことには目をつぶる必要があります。


5)開発環境で動しまくる

 ※開発者用のアカウントをつくりましょう。

   Salesforce webページ/サポート&サービス/開発者向けページから作れます。

 ※GDPRの注意メッセージが出るが一読しておくだけで良い。

 

6)どうしても理解できないところはヘルプを読む

 時間はかかるのですが、SalesForceはこういう設計方針で作られているということがサポートのドキュメントを読んでいるとわかるようになります。

 これにより理解が進むことを期待しています。

 

 また、試験対策としては、どうしてもわからなくなったときにSalesForce社はこの選択肢を選んでほしくてこの問題を作っただろうな、という感覚を掴むことができます。

--------------------------------------------------------------------

Sales Cloud Consultant試験の出題範囲と出題率

当然ですが、出題率の高いところから順に押さえていきます。

5%のところはどうしても頭に入らなければ捨てることも検討する。

  • SALES CLOUD ソリューションの設計【25%】
  • 商談の管理【15%】
  • 取引先と取引先責任者の管理【12%】
  • 営業の生産性【12%】
  • 連携とデータ管理【8%】
  • マーケティングとリード【7%】
  • 実装戦略【6%】
  • 業界の知識【5%】
  • コミュニティとサイトの管理【5%】
  • SALES CLOUD 分析【5%】

Sales Cloud Consultant試験当日の流れ 

 大阪は梅田にあるPC カレッジ 東梅田校での受験でした。

大阪でセールスフォースの試験はここしか受けられない。

ここ一択。

 

テストセンターは試験直前に道路向かいのコンビニか喫茶店で最後の追い込みをすることもできる良い立地。

※例えば、ランチをすぐ横の吉野家で食べて時間を作り、茶店タリーズだったかな)へ飛び込むのが作戦として良さそうだ。

 

いざ会場に入ると、MicrosoftMCPなどと同じように相棒となるPCを与えてもらって受験。

Submitボタンをクリックするとすぐに試験結果が表示されるシステムになっていた。

完璧にできた!と思えない限り胃の痛いシステムだといつも試験終了処理をしながら思う。

 

結果は・・・合格!

  

当日は、テストセンターで受付をした後、英語で書かれた注意事項意事項を手渡されますがwindowsキー・Altキー・Ctrlキーは使わないでね、とか余計なことしたらその場で試験終了になりますよ、とか最初の画面で試験を終了をクリックしたら終了扱いになりますよ(そんな画面作るな)とかお決まりのカンニングしちゃだめよ、みたいな一般的なこと(?)しか書かれていないので安心してワカッタフリをしよう。
 

理解が進んでくると面白くなるもので、合格報告にあわせてSFDCの事務局に

apex開発者向けの研修も受けてみたい旨のメールを入れてみた。

セールスコンサルタントが担えてかつ、開発も担当できれば立派なSalesForce使いと言えるかもしれない。

 講習や試験ポイントスタディの受講が難しい場合

試験ポイントスタディをベースに合格のための対策を書いてきましたが、 もし研修のコストが難しい場合は下記の書籍がド定番です。参考になりますので画面を見ながら読んでみてください。

合格を祈ります。
 
では。